のしは現金を包む金封(のし袋)や贈答品を包む紙に添える飾りです。「熨斗と水引」は、のし紙・金封など、熨斗素材のPDF自動生成サービスを完全無料で行っています。

のし無料素材|のしが無料ダウンロード・名入れ印刷できる - 熨斗と水引

慶弔表書きの使い分け、のし紙・のし袋・香典袋・ぽち袋・短冊熨斗のダウンロード、慶弔金の相場、慶事・弔事のお役立ち情報配信サイト
- 熨斗と水引 - まとめ
お知らせ 【特集】
● 母の日ラッピング
● 金封・のし紙・包装紙
● 母の日ギフト
サイトメニューはこちらから

- 熨斗と水引 - サイトメニュー




のし無料作成サービス 【のし窓】
  1. 弔事用 『のし袋(香典袋)』 のダウンロードは こちら からどうぞ。
  2. 慶弔用 『のし紙(掛け紙)』 のダウンロードは こちら からどうぞ。
  3. 慶事用 『のし箱(化粧箱)』 のダウンロードは こちら からどうぞ。
  4. 慶弔用 『短冊のし(略式)』 のダウンロードは こちら からどうぞ。

オンラインで祝儀袋(のし袋)を無料作成 【のし窓】

のし無料作成サービス 【のし窓】は、結婚式や法事など、冠婚葬祭の際に必ず必要な祝儀袋(祝のし袋)・香典袋(仏のし袋)や、慶事ギフトに必須の熨斗紙・熨斗箱の 印刷テンプレートが無料でダウンロードできるサービスです。
熨斗袋・香典袋・熨斗紙・熨斗箱の表書き印刷テンプレートには用途に合わせて表書き・下書き(氏名)・金額・コメントなども毛筆書体で入れることもできます。

「熨斗と水引」の慶事用金封は、展開図がご自宅のプリンターでも簡単に印刷できるA4サイズなので、慶事のそれぞれのシーンに合わせた熨斗袋(祝儀袋)をいつでも簡単に作ることができます。
急な行事やちょっとした方への心付けなどにご利用ください。
香典袋の展開図は「香典袋無料作成サービス 【のし窓】」からダウンロードできます。

AdobeAcrobatReader4.0 のし袋の展開図はPDF形式です。ご覧いただくには、AdobeReaderが必要です。
のし袋が表示されない場合は左のボタンをクリックして、最新版をダウンロードしてください。

● 祝儀袋無料作成サービス 【のし窓】

  【JPG】ボタンはプレビュー用(表示用)、【PDF】ダウンロード用(印刷用)です。
※下書きが複数行入力(4行まで)に対応。テキストボックスを下方向にリサイズして入力できます。
※人名・地名でよく使われる旧字・異体字(,,,,,,,,,圈砲鬟汽檗璽箸靴泙靴拭

 ※展開図 (封筒型・花結び・熨斗あり) 熨斗と水引

   
形 式 封筒型 多当折型
熨 斗 つける つけない
水 引 花結び 鮑結び
桜絵柄 つける つけない
表書き
下書き
金 額
   熨斗と水引
※左は封筒型、右は多当折型です。
のし袋の表書きや水引きの掛け方には、時と場合に合わせた礼儀があります。
贈る心を相手に伝えるための心遣いやマナーとしてぜひ、憶えておきましょう。詳しくは「のし袋(ご祝儀袋)表書き書き方例」をご覧ください。

慶事における熨斗と水引水引 - みずひき -
水引は贈答品などに付けられる飾り紐のことで、その形や色により様々な使い分けを行います。
慶事の水引は、お見舞いを除き、のしとセットで用いられます。
何度でも繰り返してよい祝い事には花結び(蝶結び)を、結婚祝いやお見舞いの場合は、一度きりにしたいという思いから、結び切りや鮑結び(あわじ結び)を使用します。
本来、慶事の水引の色は向って左側は白ですが、水引が印刷された簡易のし袋では、白地に白の印刷はわかりにくいことから、金や銀で印刷されています。

熨斗 - のし -
のしは、もともと日本古来の礼法「折形」と深く関わるものでしたが、現在はお祝い事の贈り物に「のしをつける」という習慣として残っています。
のしは慶事における進物や贈答品にしばしば水引と併用されます。
ただし、お見舞いの場合は、慶事ではありませんので、のしを付けないのが一般的です。

※各行事ごとの熨斗と水引の使い分けは こちら をご覧ください。
※結び切りの一種の「鮑結び」は「あわじ結び」とも呼ばれ明治以降に考案された結び方です。
※熨斗紙・熨斗袋の各部の名称のことや熨斗と水引の起源に関することは こちら へどうぞ。

金封 (のし袋・祝儀袋) 表書き書き方例

花結び・熨斗あり
利用場面
金封 (のし袋・祝儀袋) 表書き例
出産 御出産御祝御出産祝祝御安産御祝初着料
宮参り 祝御宮参
初節句 初節句御祝祝御初雛(女児)祝御初幟(男児)
七五三 七五三御祝
入園・入学 入園祝祝入園御入学御祝入学祝祝入学
卒業・就職・成人 御卒業祝就職御祝成人式御祝
賀寿 寿祝還暦祝喜寿祝傘寿祝米寿祝卒寿祝白寿
結婚記念日 祝銅婚式祝銀婚式祝金婚式
人事異動 祝御栄転祝御栄進お餞別寸志
新築・開店 祝上棟祝御新築開店御祝
その他 お年玉賞与薄謝

鮑結び・熨斗あり
利用場面
金封 (のし袋・祝儀袋) 表書き例
結婚祝い 寿御結婚御祝御祝御歓御慶
結婚お礼 御祝儀寿御車代御礼御酒肴料

鮑結び・熨斗なし
利用場面
金封 (のし袋・祝儀袋) 表書き例
病気見舞い 御見舞

多当折・花結び・熨斗あり
利用場面
金封 (のし袋・祝儀袋) 表書き例
記念品贈呈 目録

のし袋(祝儀袋)の作り方

「封筒型」祝儀袋の作り方
のし袋テンプレート(展開図)のグレーの部分を切り取り破線を山折りします。左右と下のピンク部分に糊付けをしたら、まず左右を貼り合せ、次に下を貼り合わせれば封筒型のし袋の完成です。

「多当折型」祝儀袋の作り方
縦の破線を山折りします。その際に縦の赤の帯が内側になるようにします。次に横の破線を山折りすれば多当折型のし袋の完成です。

「多当折型」祝儀袋の正式な折り方
多当折型祝儀袋の左右の端を折るとき、右から折った紙が左から折った紙の上にくるように折り、「慶びに顔をあげる」という意味から、上下の折り方を祝い重ねにします。
つまり上から折った紙の上に下から折った紙を重ねます。
※尚、「熨斗と水引」の祝儀袋は、上下が短くなっているタイプなので、この限りではありません。
熨斗と水引
お札の向き
祝儀袋に入れるお札は「新札」を使用します。
お札の向きは、人物の顔を袋の表側に向けてください。
「熨斗と水引」の祝儀袋は簡易式です。
包む金額は1万円以下を目安にして下さい。
また、封入金額の記入も「熨斗と水引」では祝儀袋の裏に記入していますが、正式なマナーでは、中袋の表に漢数字(旧字)で記入します。

【漢数字の参考例】
一(壱)、二(弐)、三(参)、四、五(伍)、六、七、八、九、十(拾)、百、千(阡)、万(萬)、円(圓)
※多当折型の祝儀袋を使用する場合、実際には半紙や奉書紙でお札を包んでから入れるようにしましょう。
半紙を用いた紙幣の包み方は 「半紙を用いた中包みの折り方」 をどうぞ。

熨斗の雑学

意匠化された熨斗(熨斗文様)
左の文様は熨斗文様(のしもんよう)と言い、熨斗を意匠化したものです。
熨斗文様はて「包み熨斗」と「束ね熨斗」に大きく分けられます。
「束ね熨斗」は、細長い帯状の熨斗が数本束ねて真ん中を結わえたものを言い、振袖や留袖、訪問着などの着物に見られる文様です。
「包み熨斗」は、檀紙と呼ばれるちりめん状の和紙の間に熨斗鮑を挟んだもので、意匠化されて家紋になっているものもあります。
熨斗文様にはこのほかにも「暴れ熨斗」「蝶熨斗」「花熨斗」があります。

− 画像:束熨斗文様振袖(たばねのしもんようふりそで) 京都国立博物館 −

昔、のし噛む(むかし のし かむ)
むかし のし かむ・・・のしの歴史を紐解くのにちょうど良い回文を見つけました。(^^;
のしは、もとは「熨斗鮑(のしあわび)」と言って、鮑が栄養価が高く長持ちすることから、中世に武家の出陣や帰陣の祝儀に乾燥鮑が用いられ、戦場の貴重な保存食として噛まれていたそうです。
熨斗の由来は、鮑を薄く剥いて干物にし、熨した(のした=のばした)鮑が熨斗(のし)というわけです。
その熨斗鮑が、祝事や慶事の儀式に高価な贈答品として用いられるようになり、時代と共に熨斗鮑を和紙に包んだ形を「のし」と称し、贈答品に添える風習が確立されたと考えられています。
なので、贈答品が生物(鮮魚・精肉・鰹節など)の場合、のしは一緒にしてはいけないということになっていて、かつお節などにも、のしを付けないのが一般的となっています。
ふだん何気なく使っている「のし」ですが、のしには深い意味が隠されているんですね。

ハンカチで出来たご祝儀袋(祝のし袋)

紙でできたご祝儀袋は贈ったあとは不要となってしまいますが、このご祝儀袋は頂いた方があとでハンカチとして使えるとてもエコなご祝儀袋です。
ハンカチとして再利用していただければ、お祝いの記念とともに贈られた方の心にいつまでも残ること間違いなしです。
ハンカチで出来た御祝儀袋「心込袋」 てんとう虫のサンバ ピンク F-31ハンカチで出来た御祝儀袋「心込袋」 てんとう虫のサンバ ピンク F-31

フォーラムアート 2009-07-22
売り上げランキング : 2174

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のし袋の展開図を切り抜く前に 【カッターの上手な使い方】

    カッターの使用には十分注意しましょう
基本的に、カッターを使って直線を切るときは定規を使って切ります。その際、 定規を上から指でしっかりと押さえて、定規が動かないようにすることが大切です。
曲線で切り込みを入れるときは、人差し指をカッターの背に添え、カッターを固定して紙を回すように切ると比較的きれいに切ることができます。


    折り線に沿って折り筋をつけよう
折り筋をつけると、折り易くなるだけでなく仕上がりもきれいになります。
折り筋をつけるときは、折り線に沿って図のようにカッターの背を使い、紙が切れないように力を調節しながら、軽く折り筋をつけます。